イスラーム軍がシリア政府との交渉にあたる反体制派の統一代表団の人選を担当する最高交渉委員会からの脱会を決定か?(2015年12月27日)

ARA News(12月27日付)は、イスラーム軍のイサーム・ブワイダーニー氏率いる新司令部は、シリア政府との交渉にあたる反体制派の統一代表団の人選を担当する最高交渉委員会からの脱会を決定、発表したと伝えた。

しかし、イスラーム軍のイスラーム・アッルーシュ報道官(大尉)は、クッルナー・シュラカー(12月27日付)の取材に対して、ザフラーン・アッルーシュ司令官殺害を受けて、イスラーム軍が最高交渉委員会(シリア政府との交渉にあたる反体制派統一代表団の人選を担当する機関)から脱会するとするロシアのメディアなどの一部報道を否定した。

AFP, December 27, 2015、AP, December 27, 2015、ARA News, December 27, 2015、Champress, December 27, 2015、al-Hayat, December 28, 2015、Iraqi News, December 27, 2015、Kull-na Shuraka’, December 27, 2015、al-Mada Press, December 27, 2015、Naharnet, December 27, 2015、NNA, December 27, 2015、Reuters, December 27, 2015、SANA, December 27, 2015、UPI, December 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク