YPG主体のシリア民主軍は、ユーフラテス川西岸への進軍を続け、ダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つマンビジュ市に迫る(2015年12月27日)

アレッポ県では、ARA News(12月27日付)によると、ユーフラテス川のティシュリー・ダムおよび同川東岸一帯を制圧した西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍は、ユーフラテス川西岸に進軍し、ダーイシュ(イスラーム国)と戦闘を続けた。

また、人民防衛部隊主体のシリア民主軍が制圧したティシュリーン・ダム一帯では、ダーイシュとシリア民主軍の戦闘が続き、ヘリコプター(所属明示せず)が同地一帯を砲撃した。

これに対して、ダーイシュはティシュリーン・ダム近郊で爆弾をしかけた車で自爆攻撃を行うなど抗戦を続けたという。

また、西クルディスタン移行期民政局の実効支配下にあるアイン・アラブ市西部のクッビー村、タッル・アブル村をダーイシュが砲撃した。

一方、アレッポ県では、ARA News(12月27日付)によると、米トルコが設置合意した「安全地帯」西端のアアザーズ市の南部に位置するマンナグ航空基地一帯に、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊、革命家軍などからなるシリア民主軍が侵攻、アレッポ・ファトフ軍作戦司令室を構成する反体制武装集団と交戦した。

AFP, December 27, 2015、AP, December 27, 2015、ARA News, December 27, 2015、Champress, December 27, 2015、al-Hayat, December 28, 2015、Iraqi News, December 27, 2015、Kull-na Shuraka’, December 27, 2015、al-Mada Press, December 27, 2015、Naharnet, December 27, 2015、NNA, December 27, 2015、Reuters, December 27, 2015、SANA, December 27, 2015、UPI, December 27, 2015などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク