サウジアラビアのジュバイル外務大臣「ロシアはアサドを救うことに失敗するだろう」(2016年2月14日)

サウジアラビアのアーディル・ジュバイル外務大臣はリヤドでの記者会見で「アサドはロシアに助けを求めているが、ロシアは彼を救うをことに失敗するだろう」と述べるとともに、「穏健な反体制派への空爆を停止」するよう求めた。

ジュバイル外務大臣は「30万の無実の人々の殺戮の背後にいる男が権力の座にとどまることは不可能だ…。アサドの退陣は時間の問題で、遅かれ早かれ、体制は崩壊し、アサドのいない新たなシリアの建設への道は開けるだろう」と述べた。

一方、シリア政府に対しては「シリア全域への人道支援の搬入を認め、無実の人々への攻撃を止め、政治移行を開始」するよう求めた。

**

サウジアラビア国防省顧問のアフマド・アスィーリー准将は、サウジアラビア軍戦闘機がトルコ南東部のインジルリク航空基地に到着したと発表した。

AFP, February 14, 2016、AP, February 14, 2016、ARA News, February 14, 2016、Champress, February 14, 2016、al-Hayat, February 15, 2016、Iraqi News, February 14, 2016、Kull-na Shuraka’, February 14, 2016、al-Mada Press, February 14, 2016、Naharnet, February 14, 2016、NNA, February 14, 2016、Reuters, February 14, 2016、SANA, February 14, 2016、UPI, February 14, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク