カタール外相「シリアへの地上部隊派遣は以前から計画されていたことだ」(2016年2月15日)

カタールのムハンマド・ビン・アブドゥッラフマーン・アール・サーニー外務大臣は、第52回ミュンヘン国際安全保障会議に出席するために訪問中のドイツのミュンヘンで、サウジアラビア、トルコ、UAEが、ダーイシュ(イスラーム国)掃討のためにシリア領内に地上部隊を派遣する意思を表明したことに関して、「2015年10月に我が国の前外務大臣は、有志連合がダーイシュに対して何かを行うと決断すれば、我々もそれを行う用意があると述べた。それは以前から計画されていたことだ」と述べた。

AFP, February 15, 2016、AP, February 15, 2016、ARA News, February 15, 2016、Champress, February 15, 2016、al-Hayat, February 16, 2016、Iraqi News, February 15, 2016、Kull-na Shuraka’, February 15, 2016、al-Mada Press, February 15, 2016、Naharnet, February 15, 2016、NNA, February 15, 2016、Reuters, February 15, 2016、SANA, February 15, 2016、UPI, February 15, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク