トルコ軍の越境砲撃にもかかわらず、YPG主体のシリア民主軍とシリア軍はアレッポ市北部で進軍を続けるなか、ロシア軍と思われる戦闘機はアアザーズ市の病院を空爆(2016年2月15日)

アレッポ県では、シリア人権監視団によると、トルコ軍が3日連続となる越境砲撃を行い、西クルディスタン移行期民政局人民防衛隊主体のシリア民主軍がアル=カーイダ系組織のシャームの民のヌスラ戦線、シャーム自由人イスラーム運動との戦闘の末に奪取したマンナグ航空基地、ダイル・ジャマール村一帯を攻撃、タッル・リフアト市へのシリア民主軍の兵站路の寸断を試みた。

この越境砲撃で、ダイル・ジャマール村では子供2人が死亡した。

ARA News(2月15日付)によると、このほかにもトルコ軍の越境砲撃で民間人6人が負傷した。

トルコ軍はまた、アアザーズ市と西クルディスタン移行期民政局アフリーン地区の中心都市であるアフリーン市の間に位置するカトマ村、マリーミーン村一帯のシリア民主軍拠点に対しても空爆を行った。

しかし、トルコ軍の越境砲撃にもかかわらず、シリア民主軍は、アル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」の拠点都市の一つタッル・リフアト市内に進軍し、同市西部地区一帯でジハード主義武装集団と交戦し、なお、シリア同市の70%余りを制圧した。

シリア民主軍はまた、タッル・リフアト市の南から2キロの距離に位置するカフルナーヤー村を制圧した。

一方、シリア人権監視団によると、アレッポ県北東部でシリア民主軍とシリア軍の進軍を支援するロシア軍と思われる戦闘機が、アル=カーイダ系組織と「穏健な反体制派」の中心都市アアザーズ市内の病院一帯や同市に近いカルジャブリーン村を空爆し、子供3人を含む10人が死亡した。

他方、ARA News(2月15日付)によると、シリア軍は国防隊などとともに、カフルナーヤー村の南東部約2キロに位置するミスカーン村を制圧した。

また、SANA(2月15日付)によると、シリア軍がアレッポ市バーブ・ナイラブ地区、カラム・カーティルジー地区、シャイフ・ハドル地区、アンサーリー地区でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ラタキア県では、県北部のクルド山、トルクメン山一帯で、シリア軍、国防隊などがロシア軍の指揮のもと、第1沿岸師団、シャーム自由人イスラーム運動、アンサール・シャーム、第2沿岸師団、トルキスターン・イスラーム党、シャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦した。

一方、SANA(2月15日付)によると、シリア軍が県北部のルワイサト・ジャルタ村、アルド・カラム村、ザフラト・クルーム村、第665地点で反体制武装集団を掃討し、同地を制圧、治安と安定を回復した。

**

ヒムス県では、シリア人権監視団によると、ジハード主義武装集団が県北部の第26師団基地一帯のシリア軍拠点を砲撃した。

一方、SANA(2月15日付)によると、シリア軍がラック村、アブー・タッラーハ村、ウンク・ハワー村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 15, 2016、AP, February 15, 2016、ARA News, February 15, 2016、Champress, February 15, 2016、al-Hayat, February 16, 2016、Iraqi News, February 15, 2016、Kull-na Shuraka’, February 15, 2016、al-Mada Press, February 15, 2016、Naharnet, February 15, 2016、NNA, February 15, 2016、Reuters, February 15, 2016、SANA, February 15, 2016、UPI, February 15, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク