米国務省報道官はイドリブ県、アレッポ県の病院に対する爆撃を非難(2016年2月15日)

ジョン・カービー米国務省報道官は、イドリブ県マアッラト・ヌウマーン市とアレッポ県アアザーズ市の病院への空爆を非難するとともに、「シリア政府とその支援者は理由もなく、そして民間人保護に関する国際社会の取り決めを考慮せずにこうして攻撃を行っている」と批判した。

AFP, February 16, 2016、AP, February 16, 2016、ARA News, February 16, 2016、Champress, February 16, 2016、al-Hayat, February 17, 2016、Iraqi News, February 16, 2016、Kull-na Shuraka’, February 16, 2016、al-Mada Press, February 16, 2016、Naharnet, February 16, 2016、NNA, February 16, 2016、Reuters, February 16, 2016、SANA, February 16, 2016、UPI, February 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク