ハサカ県シャッダーディー市一帯に対する有志連合によると思われる空爆を、ダーイシュ(イスラーム国)はロシア軍の空爆と断じる(2016年2月15日)

ハサカ県では、ダーイシュ(イスラーム国)の通信部門アアマーク通信によると、ロシア軍がハサカ市南部のシャッダーディー市を空爆し、パン製造工場が破壊され、住民15人が死亡した。

これに関して、シャッダーディー市の住民だという人物は、ARA News(2月16日付)に対して、有志連合が同日晩にシャッダーディー市を複数回にわたって空爆したと述べた。

また、ARA News(2月16日付)によると、有志連合はダーイシュ支配下のシャッダーディー市郊外のジャブサ油田の居住区一帯を空爆した。

AFP, February 16, 2016、AP, February 16, 2016、ARA News, February 16, 2016、Champress, February 16, 2016、al-Hayat, February 17, 2016、Iraqi News, February 16, 2016、Kull-na Shuraka’, February 16, 2016、al-Mada Press, February 16, 2016、Naharnet, February 16, 2016、NNA, February 16, 2016、Reuters, February 16, 2016、SANA, February 16, 2016、UPI, February 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク