ロシア外務省のザハロフ報道官「トルコ軍は越境砲撃でダーイシュ(イスラーム国)、ヌスラ戦線などへの支援を継続しようとしている」(2016年2月16日)

ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官は、トルコ軍によるアレッポ県北部への越境砲撃や、イドリブ県、アレッポ県の病院への空爆に関するトルコ当局の喧伝に関して「一部のパートナーが我々に対して、アアザーズ市一帯のシリア・トルコ国境の100キロ弱の回廊に抵触しないよう懇願してきた」としたうえで、「このことは、トルコからこの地域を経由して、ダーイシュ(イスラーム国)、シャームの民のヌスラ戦線などのテロ組織に日々の武器、弾薬、食料を供与し続けられるようにするのが目的だということは明白だ」と述べ、トルコの「テロ支援」を批判した。


AFP, February 16, 2016、AP, February 16, 2016、ARA News, February 16, 2016、Champress, February 16, 2016、al-Hayat, February 17, 2016、Iraqi News, February 16, 2016、Kull-na Shuraka’, February 16, 2016、al-Mada Press, February 16, 2016、Naharnet, February 16, 2016、NNA, February 16, 2016、Reuters, February 16, 2016、SANA, February 16, 2016、UPI, February 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク