シリア軍がアレッポ市とクワイリス軍事飛行場を結ぶ火力発電所をダーイシュ(イスラーム国)から奪還(2016年2月16日)

アレッポ県では、ARA News(2月16日付)によると、ロシア軍の航空支援を受けたシリア軍が、アレッポ市東部の火力発電所を、ダーイシュ(イスラーム国)との交戦の末に制圧した。

火力発電所はアレッポ市とクワイリス航空基地のほぼ中間に位置する。

ARA News, February 16, 2016

ARA News, February 16, 2016

**

ダイル・ザウル県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍がサルダ山一帯でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍がカルヤタイン市近郊のスード丘、ルマイリー山、ラジャム・カスル村、西ヒブラ村、ウンク・ハワー村、タドムル市郊外採石所一帯などでダーイシュ(イスラーム国)の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

AFP, February 16, 2016、AP, February 16, 2016、ARA News, February 16, 2016、Champress, February 16, 2016、al-Hayat, February 17, 2016、Iraqi News, February 16, 2016、Kull-na Shuraka’, February 16, 2016、al-Mada Press, February 16, 2016、Naharnet, February 16, 2016、NNA, February 16, 2016、Reuters, February 16, 2016、SANA, February 16, 2016、UPI, February 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク