シリア軍がダマスカス郊外県東グータ地方、ラタキア県北部で支配地域を拡大(2016年2月16日)

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(2月16日付)によると、ロシア軍がジャースィム市を複数回にわたり空爆し、ワーイル・ハルキー首相の自宅が被弾、義理の妹1人が負傷した。

これに対して、ダルアー県で活動する反体制武装集団12組織は共同声明を出し、ダルアー県・クナイトラ県・ダルアー県境のいわゆる「死の三角地帯」で「汝らが戻れば、我々も戻る」と銘打った戦闘を開始、シリア軍の拠点複数カ所を制圧した。

共同声明を出したのは、シャームの剣旅団、フルカーン旅団、アバービール軍、クナイトラ軍事評議会、ハウラーン・ムジャーヒディーン旅団、ヤルムーク軍、第24歩兵師団、アンサール・イスラーム戦線、ハムザ師団、サブティーン軍、シリア革命家戦線、タウヒードの暁旅団。

Kull-na Shuraka', February 16, 2016

Kull-na Shuraka’, February 16, 2016

**

ダマスカス郊外県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍が東グータ地方のファルザート丘(ナシャービーヤ町西方)一帯、ビラーリーヤ村およびフーシュ・ハラーブー村一帯の農村や拠点で、シャームの民のヌスラ戦線、イスラーム軍などからなるジハード主義武装集団と交戦、戦闘員15人を殲滅、同地を制圧した。

**

ラタキア県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、県北津のバッラ村、シャラフ村、ワーディー・バースール村、アイン・ガザール村で反体制武装集団を掃討、同地を制圧し、治安と安定を回復した。

**

ハマー県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍がラハーヤー村、ハルブナフサ村でシャームの民のヌスラ戦線などファトフ軍の拠点を攻撃し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

イドリブ県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍がハーミディーヤ村一帯でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

ヒムス県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍がティールマアッラ村、ガントゥー市、西マシュジャル村でシャームの民のヌスラ戦線などからなるジハード主義武装集団と交戦し、複数の戦闘員を殺傷、拠点・装備を破壊した。

**

クナイトラ県では、SANA(2月16日付)によると、シリア軍が人民防衛諸集団とともに、アジュラフ村、東サムダーニーヤ村に侵攻しようとした武装集団を撃退した。

AFP, February 16, 2016、AP, February 16, 2016、ARA News, February 16, 2016、Champress, February 16, 2016、al-Hayat, February 17, 2016、Iraqi News, February 16, 2016、Kull-na Shuraka’, February 16, 2016、al-Mada Press, February 16, 2016、Naharnet, February 16, 2016、NNA, February 16, 2016、Reuters, February 16, 2016、SANA, February 16, 2016、UPI, February 16, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク