ドイツのメルケル首相はシリア北部に「飛行禁止空域」を設定することが有効と述べる(2016年2月16日)

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は『シュツットガルト·ツァイトゥング』(2月15日付)のインタビューに応じ、そのなかでアレッポ県北部の混戦状態に関して、国境地帯に「何らかの飛行禁止空域」を設定する必要があると述べた。

メルケル首相は「現状において、いかなる当事者も空爆が許されない地域、つまりある種の飛行禁止空域のような空域があれば、有効かもしれない」と述べた。

AFP, February 17, 2016、AP, February 17, 2016、ARA News, February 17, 2016、Champress, February 17, 2016、al-Hayat, February 18, 2016、Iraqi News, February 17, 2016、Kull-na Shuraka’, February 17, 2016、al-Mada Press, February 17, 2016、Naharnet, February 17, 2016、NNA, February 17, 2016、Reuters, February 17, 2016、SANA, February 17, 2016、Stuttgarter Zeitung, February 15, 2016、UPI, February 17, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク