民主連合党のムスリム党首、YPG主体のシリア民主軍総司令部はアンカラでの自爆テロへの関与を否定し、国際社会にテロ撲滅を呼びかける(2016年2月18日)

西クルディスタン移行期民政局を主導する民主連合党のサーリフ・ムスリム共同党首は、17日にトルコの首都アンカラで発生した爆弾テロに関して、「人民防衛隊が直接関与していることが明白になった」とアフメト・ダウトオール首相と発言したことに対し、「トルコ領内ではいかなる攻撃も行っていない」と否定するとともに、「こうした嫌疑は明らかにシリア介入への試みとつながりがある」と述べ、トルコ政府を非難した。

**

人民防衛隊主体のシリア民主軍総司令部もタラール・サッルー報道官が声明を出し、アンカラでの自爆テロを「非人道的行為」と非難し関与を否定、国際社会に対して「テロ根絶への努力を強化」するよう呼びかけた。

AFP, February 18, 2016、AP, February 18, 2016、ARA News, February 18, 2016、Champress, February 18, 2016、al-Hayat, February 19, 2016、Iraqi News, February 18, 2016、Kull-na Shuraka’, February 18, 2016、al-Mada Press, February 18, 2016、Naharnet, February 18, 2016、NNA, February 18, 2016、Reuters, February 18, 2016、SANA, February 18, 2016、UPI, February 18, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク