リヤド最高交渉委員会「停戦合意は完全破棄の危機に直面」(2016年3月1日)

リヤド最高交渉委員会報道官のサーリム・ムスラト氏は、シリア国内の敵対行為停止合意の履行状況に関して、シリア政府が合意に違反していると批判、「合意は完全破棄」の危機に直面している、と述べた。

『ハヤート』(3月2日付)が伝えた。

AFP, March 1, 2016、AP, March 1, 2016、ARA News, March 1, 2016、Champress, March 1, 2016、al-Hayat, March 2, 2016、Iraqi News, March 1, 2016、Kull-na Shuraka’, March 1, 2016、al-Mada Press, March 1, 2016、Naharnet, March 1, 2016、NNA, March 1, 2016、Reuters, March 1, 2016、SANA, March 1, 2016、UPI, March 1, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク