シリア軍がダルアー県、ダマスカス郊外県にビラを散布し、投降を呼びかける一方、ダルアー県などで投降拒否と武装集団の統合を訴えるデモ発生(2016年3月1日)

クッルナー・シュラカー(3月1日付)は、シリア軍航空機がダルアー県の各都市とダマスカス郊外県東グータ地方一帯にビラを散布し、当局への投降と「部外者」の放逐を呼びかけたと伝え、ビラの写真を掲載した。

ビラには「第1弾:戦闘員700人が武器を引き渡し、生きることを選択した。あなたに残された時間はわずかだ…。正しい決断を率先して下し…生きることを選択せよ」などと書かれている。

Kull-na Shuraka', March 1, 2016

Kull-na Shuraka’, March 1, 2016

Kull-na Shuraka', March 1, 2016

Kull-na Shuraka’, March 1, 2016

**

またこれに関連して、クッルナー・シュラカーは、イブタア町、ダーイル町の活動家らの話として「住民はシリア軍との和解を拒否」し、現地では、敵対行為停止合意が発効した2月27日以降、「革命」の継続や武装組織の統合を求めるデモが発生している、と伝えた。

Kull-na Shuraka', March 1, 2016

Kull-na Shuraka’, March 1, 2016

 

AFP, March 1, 2016、AP, March 1, 2016、ARA News, March 1, 2016、Champress, March 1, 2016、al-Hayat, March 2, 2016、Iraqi News, March 1, 2016、Kull-na Shuraka’, March 1, 2016、al-Mada Press, March 1, 2016、Naharnet, March 1, 2016、NNA, March 1, 2016、Reuters, March 1, 2016、SANA, March 1, 2016、UPI, March 1, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク