第2期人民議会選挙:連立与党「進歩国民戦線」加盟政党はバアス党が発表した立候補者リストに異議(2016年3月30日)

AKI(3月30日付)は、シリアの複数の民間メディアからの情報として、アサド大統領が第2期人民議会の投票日を4月13日から5月7日に延期する布告を発しようとしていると伝えた。

これに関して、バアス党が主導する連立与党の進歩国民戦線の複数の消息筋は、バアス党シリア地域指導部が24日に発表した立候補者のリスト(進歩国民戦線リスト)に対して、戦線加盟政党から多数の異議が寄せられていることがその理由だと明らかにした。

なお、クッルナー・シュラカー(3月30日付)によると、バアス党シリア地域指導部が発表したリストには、加盟政党のうち3党が含まれていないという。

バアス党シリア地域指導部が24日に発表した進歩国民戦線リストはhttp://syriaarabspring.info/?p=27589を参照のこと(ただし、発表されたリストには所属政党は明記されていない)。

**

一方、最高選挙司法委員会は声明を出し、「選挙は4月13日に実施される」と発表し、一連の報道を否定した。

AFP, March 30, 2016、AKI, March 30, 3016、AP, March 30, 2016、ARA News, March 30, 2016、Champress, March 30, 2016、al-Hayat, March 31, 2016、Iraqi News, March 30, 2016、Kull-na Shuraka’, March 30, 2016、al-Mada Press, March 30, 2016、Naharnet, March 30, 2016、NNA, March 30, 2016、Reuters, March 30, 2016、SANA, March 30, 2016、UPI, March 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク