有志連合がハサカ県、アレッポ県のダーイシュ拠点を空爆(2016年3月31日)

ハサカ県では、シリア人権監視団によると、有志連合と思われる戦闘機が、ダシーシャ村のダーイシュ(イスラーム国)拠点を空爆した。

また、ARA News(3月31日付)によると、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍が、ダーイシュ(イスラーム国)との戦闘の末に、マルカダ町西方のダイル・ザウル市とラッカ市を結ぶ街道(アブー・ハシャブ街道)にあるルワイシド石油配給ステーションを制圧した。

**

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(4月1日付)によると、戦闘機(所属明示せず)がダーイシュ(イスラーム国)の拠点都市の一つバーブ市を3回にわたり空爆し、住民5人が死亡した。

**

スワイダー県では、SANA(3月31日付)によると、シリア軍がアシュハイブ丘一帯でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

**

ダイル・ザウル県では、SANA(3月31日付)によると、「東部地域人民抵抗」運動がサアルー村、シュハイル町でダーイシュ(イスラーム国)と交戦し、戦闘員10人を殲滅した。

「東部地域人民抵抗」はまた、ガブラー村でダーイシュの宗教警察(ヒスバ)を要撃し、メンバー5人を、またブーカマール市、マヤーディーン市、アシャーラ市、ダイル・ザウル市工業地区などでもダーイシュ・メンバー24人を、殺害した。

**

ハマー県では、SANA(3月31日付)によると、シリア軍、人民防衛諸集団がシャイフ・ハラール村、ワーディー・アズィーブ一帯、タッバーラト・ディーバ丘周辺の丘陵地帯、でダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。

**

ダルアー県では、シリア人権監視団によると、ラジャート高原のジュバイブ村にあるウマリー旅団の本部に対して男性1人が自爆攻撃を行った。

AFP, March 31, 2016、AP, March 31, 2016、ARA News, March 31, 2016、Champress, March 31, 2016、al-Hayat, April 1, 2016、Iraqi News, March 31, 2016、Kull-na Shuraka’, March 31, 2016、al-Mada Press, March 31, 2016、Naharnet, March 31, 2016、NNA, March 31, 2016、Reuters, March 31, 2016、SANA, March 31, 2016、UPI, March 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク