ハモンド英外相は挙国一致政府の樹立を主唱したアサド大統領の発言を拒否(2016年3月31日)

英国のフィリップ・ハモンド外務大臣は、訪問先のベイルートでの記者会見で、ロシアのリヤ・ノーヴォスチとスプートニク・ニュースが行ったアサド大統領との独占インタビューに関して、アサド大統領が主唱する挙国一致内閣では紛争は解決しないと述べた。

ハモンド外務大臣は「英国および国際社会は、シリアにおける政治解決には移行期政府が必要だと考えている。アサドを指導者としないかたちですべての当事者を代表するような政府が作られねばならない。あるいは少なくとも彼は将来、政府を指導することはない」と述べた。

AFP, March 31, 2016、AP, March 31, 2016、ARA News, March 31, 2016、April 1, 2016、Champress, March 31, 2016、al-Hayat, April 1, 2016、Iraqi News, March 31, 2016、Kull-na Shuraka’, March 31, 2016、al-Mada Press, March 31, 2016、Naharnet, March 31, 2016、NNA, March 31, 2016、Reuters, March 31, 2016、SANA, March 31, 2016、UPI, March 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク