リヤド交渉委員会はヌスラ戦線のアル=カーイダとの関係解消とシャーム・ファトフ戦線への改称を条件付きで歓迎、シリア・ムスリム同胞団は「革命を在地化するための措置」として歓迎(2016年7月29日)

リヤド最高交渉委員会は声明を出し、シャームの民のヌスラ戦線のアル=カーイダとの関係解消とシャーム・ファトフ戦線への改称に歓迎の意を表しつつ、「過去の過ちを正し、真の愛国的計画への統合の実現するための措置」をさらに実行する必要があると主唱、「シリア国民は自由、公正、平等に基づく国家以外に満足はしないだろう」と述べた。

**

シリア・ムスリム同胞団は声明を出し、シャームの民のヌスラ戦線のアル=カーイダとの関係解消とシャーム・ファトフ戦線への改称に歓迎の意を表し、「革命およびその諸目的を在地化するための最初の措置」と高く評価した。

AFP, July 29, 2016、AP, July 29, 2016、ARA News, July 29, 2016、Champress, July 29, 2016、al-Hayat, July 30, 2016、Iraqi News, July 29, 2016、Kull-na Shuraka’, July 29, 2016、al-Mada Press, July 29, 2016、Naharnet, July 29, 2016、NNA, July 29, 2016、Reuters, July 29, 2016、SANA, July 29, 2016、UPI, July 29, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク