シャーム・ファトフ戦線(シャームの民のヌスラ戦線)は10項目からなる宗教政策を発表(2016年7月29日)

シャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)は、アル=カーイダとの関係解消と組織名の変更宣言後初の声明を出し、10項目からなる宗教政策を発表した。

10項目を約言すると以下の通り:

1. コーランとスンナに基づく協議、方法、法学の伸張。
2. 宗教やイスラーム教徒の防衛。
3. アッラーの法に準じたジハード。
4. ジハードを通じたスンナの遵守。
5. 不正の打破。
6. 布教。
7. ウラマーの尊重。
8. イスラーム教徒の信仰の支援。
9. イスラーム共同体、とりわけムジャーヒディーンどうしの意見相違、対立の解消。
10. アッラーの言葉の至上のものに高めること。image011

AFP, July 29, 2016、AP, July 29, 2016、ARA News, July 29, 2016、Champress, July 29, 2016、al-Hayat, July 30, 2016、Iraqi News, July 29, 2016、Kull-na Shuraka’, July 29, 2016、al-Mada Press, July 29, 2016、Naharnet, July 29, 2016、NNA, July 29, 2016、Reuters, July 29, 2016、SANA, July 29, 2016、UPI, July 29, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク