ロシア外務省はトルコ軍のシリア領内への侵攻に「重大な懸念」を表明(2016年9月7日)

ロシア外務省は声明を出し、「トルコ軍およびトルコ政府の支援を受けるシリアの反体制武装集団がシリア領内に侵攻することに重大な懸念」を表明した。

また「トルコ軍の作戦はシリア国内の困難な政治・軍事情勢を複雑なものとする…。シリアの正統な政府と連携せず、また国連安保理の承認を得ずに行われるこの軍事作戦は…シリアの主権、領土統一にかかる問題に疑義を呈するものだ」と批判、「シリア政府がシリア領内でのトルコ軍の作戦を拒否する姿勢は国際法の観点において公正かつ正当なものだ」と付言した。

AFP, September 7, 2016、AP, September 7, 2016、ARA News, September 7, 2016、Champress, September 7, 2016、al-Hayat, September 8, 2016、Iraqi News, September 7, 2016、Kull-na Shuraka’, September 7, 2016、al-Mada Press, September 7, 2016、Naharnet, September 7, 2016、NNA, September 7, 2016、Reuters, September 7, 2016、SANA, September 7, 2016、UPI, September 7, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.