シリア軍の「樽爆弾」による空爆とYPG主体のシリア民主軍の反転攻勢により、トルコ軍の支援を受ける反体制武装集団がアレッポ県北部の複数拠点から撤退(2016年10月26日)

アレッポ県では、ARA News(10月26日付)によると、トルコ軍航空部隊・戦車部隊とともに県北部でダーイシュ(イスラーム国)、西クルディスタン移行期民政局人民防衛部隊主体のシリア民主軍に対する掃討作戦(「ユーフラテス」の盾作戦)に参加する反体制武装集団(ハワール・キッリス作戦司令室)が、25日にシリア軍が実施した空爆とシリア民主軍の反転攻勢を受け、タッル・マディーク村一帯の複数の拠点から撤退した。

なお、『ハヤート』(10月27日付)によると、トルコ軍は、シリア軍と思われるヘリコプターが25日、反体制武装集団の支配下にあるアフタリーン市一帯を「樽爆弾」で空爆し、戦闘員2人が死亡したと発表していた。

ARA News, October 26, 2016

ARA News, October 26, 2016

 

**

ヒムス県では、SANA(10月26日付)によると、シリア軍がシャーイル油田一帯、ラッフーム村、ウンム・リーシュ村、アブー・アラーヤー村でダーイシュ(イスラーム国)の拠点を空爆した。

**

スワイダー県では、SANA(10月26日付)によると、シリア軍がブサイナ丘方面に潜入したダーイシュ(イスラーム国)と交戦した。


AFP, October 26, 2016、AP, October 26, 2016、ARA News, October 26, 2016、Champress, October 26, 2016、al-Hayat, October 27, 2016、Iraqi News, October 26, 2016、Kull-na Shuraka’, October 26, 2016、al-Mada Press, October 26, 2016、Naharnet, October 26, 2016、NNA, October 26, 2016、Reuters, October 26, 2016、SANA, October 26, 2016、UPI, October 26, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク