反体制武装集団がシリア政府支配下のアレッポ市シャフバー地区の学校を砲撃し、子供3人を含む6人が死亡する一方、シリア軍がイスラーム軍の拠点ドゥーマー市を砲撃し、子供1人を含む9人が死亡(2016年10月27日)

アレッポ県では、SANA(10月27日付)によると、反体制武装集団がアレッポ市シャフバー地区、ハムダーニーヤ地区、ダーヒヤト・アサド地区を砲撃、シャフバー地区内の学校に迫撃砲弾が着弾し、供3人を含む6人が死亡、15人以上が負傷した。

**

イドリブ県では、SANA(10月27日付)によると、シャーム・ファトフ戦線主導のファトフ軍がフーア市を砲撃し、5人が負傷した。

**

ダマスカス郊外県では、シリア人権監視団によると、イスラーム軍などの反体制武装集団の中心拠点であるドゥーマー市をシリア軍が砲撃し、子供1人を含む9人が死亡した。

、SANA(10月27日付)によると、イスラーム軍がマッザ86地区、ダマスカス大学文学部(マッザ・オートストラード地区)を砲撃し、2人が負傷した。

Kull-na Shuraka', October 27, 2016

Kull-na Shuraka’, October 27, 2016

AFP, October 27, 2016、AP, October 27, 2016、ARA News, October 27, 2016、Champress, October 27, 2016、al-Hayat, October 28, 2016、Iraqi News, October 27, 2016、Kull-na Shuraka’, October 27, 2016、al-Mada Press, October 27, 2016、Naharnet, October 27, 2016、NNA, October 27, 2016、Reuters, October 27, 2016、SANA, October 27, 2016、UPI, October 27, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク