シリア軍がシャーム・ファトフ戦線主導のファトフ軍などとの戦闘の末、ハマー県北部の戦略的要衝スーラーン市を完全制圧(2016年10月27日)

ハマー県では、シリア人権監視団によると、シリア軍が県北部で反体制武装集団と交戦の末、戦略邸要衝の一つスーラーン市を奪還した。

スーラーン市は、ジハード主義武装集団のジュンド・アクサー機構、「穏健な反体制派」のイッザ軍、ナスル軍、タフリール軍などが8月末に開始した「マルワーン・ハディードの戦い」で反体制武装集団の手に落ちていた。

また、SANA(10月27日付)も、シリア軍が人民防衛諸集団とともに県北部でシャーム・ファトフ軍(旧ジュンド・アクサー機構、シャーム・ファトフ戦線など)と交戦の末、スーラーン市およびその一帯地域を完全制圧したと伝えた。

シリア軍はまた、カフルズィーター市、タルマラ村などでシャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団と交戦した。

SANA, October 27, 2016

SANA, October 27, 2016

**

ヒムス県では、SANA(10月27日付)によると、シリア軍がワアラ村、トゥータ村、アブー・サナースィル丘、ガジャル村、フーシュ・シャムスィー村でシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(10月27日付)によると、シリア軍がダルアー市避難民キャンプ一帯、ハマーディーン地区、アルバイーン地区、旧税関地区などでシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ラタキア県では、SANA(10月27日付)によると、シリア軍がカフルサンドゥー村、タルディーン村、ダフラト・タルディーン村などで反体制武装集団(シャーム・ファトフ戦線、トルキスターン・イスラーム党など)の拠点を空爆した。

**

ダマスカス郊外県では、ARA News(10月27日付)によると、シリア軍が反体制武装集団(イスラーム軍など)との戦闘の末、タッル・クルディー町近郊の拠点複数カ所を制圧した。

AFP, October 27, 2016、AP, October 27, 2016、ARA News, October 27, 2016、Champress, October 27, 2016、al-Hayat, October 28, 2016、Iraqi News, October 27, 2016、Kull-na Shuraka’, October 27, 2016、al-Mada Press, October 27, 2016、Naharnet, October 27, 2016、NNA, October 27, 2016、Reuters, October 27, 2016、SANA, October 27, 2016、UPI, October 27, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク