シリア軍がダルアー県のフィキーア村を制圧(2016年12月10日)

ダルアー県では、SANA(12月10日付)によると、シリア軍が、シャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団の支配下にあったフィキーア村を制圧、同地の治安と安定を回復した。

Kull-na Shuraka', December 10, 2016

Kull-na Shuraka’, December 10, 2016

SANA, December 10, 2016

SANA, December 10, 2016

**

イドリブ県では、クッルナー・シュラカー(12月10日付)によると、ロシア軍がビンニシュ市を空爆し、10人が死亡した。

一方、SANA(12月10日付)によると、シリア軍がマダーヤー村、タルマラ村、カフルウバイド村、アービディーン村でファトフ軍の拠点を空爆した。

**

ハマー県では、SANA(12月10日付)によると、シリア軍がマサースィナ村、ラハーヤー村、スカイク村、ウカイリバート町でファトフ軍の拠点を空爆した。

**

ラタキア県では、SANA(12月10日付)によると、シリア軍が県北部のトゥッファーヒーヤ村一帯でシャーム・ファトフ戦線などからなる反体制武装集団と交戦した。

**

ダマスカス郊外県では、クッルナー・シュラカー(12月11日付)によると、シリア軍がラフマーン軍団との捕虜交換の合意に基づき、拘束していた女性収監者15人を釈放した。

AFP, December 10, 2016、AP, December 10, 2016、ARA News, December 10, 2016、Champress, December 10, 2016、al-Hayat, December 11, 2016、Iraqi News, December 10, 2016、Kull-na Shuraka’, December 10, 2016、December 11, 2016、al-Mada Press, December 10, 2016、Naharnet, December 10, 2016、NNA, December 10, 2016、Reuters, December 10, 2016、SANA, December 10, 2016、UPI, December 10, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク