シリア軍がアレッポ市西部郊外でファトフ軍と交戦(2016年12月15日)

イドリブ県では、ARA News(12月15日付)によると、ロシア軍と思われる戦闘機がイドリブ市とマアッラト・ミスリーン市を結ぶ街道一帯を空爆した。

**

ラタキア県では、SANA(12月15日付)によると、シリア軍がフィッラ村一帯で反体制武装集団と交戦した。

**

アレッポ県では、SANA(12月15日付)によると、シリア軍がアレッポ市南部郊外の士官学校航空技術科一帯、第1070集合住宅計画地区、ヒクマ学校一帯で、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなるファトフ軍と交戦した。

**

ダルアー県では、SANA(12月15日付)によると、シリア軍がダルアー市ダム街道地区、避難民キャンプ地区一帯で反体制武装集団と交戦した。

**

アンサール・シャーム大隊は声明を出し、ダマスカス郊外県ドゥーマー市一帯を拠点とするイスラーム軍に合流すると発表した。

AFP, December 15, 2016、AP, December 15, 2016、ARA News, December 15, 2016、Champress, December 15, 2016、al-Hayat, December 16, 2016、Iraqi News, December 15, 2016、Kull-na Shuraka’, December 15, 2016、al-Mada Press, December 15, 2016、Naharnet, December 15, 2016、NNA, December 15, 2016、Reuters, December 15, 2016、SANA, December 15, 2016、UPI, December 15, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク