トルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室がダーイシュの拠点都市バーブ市(アレッポ県)内のヒクマ病院、シャイフ・アキール山を制圧するも、戦闘でトルコ軍兵士10人が死亡、またトルコ軍の空爆で住民7人が死亡(2016年12月21日)

アレッポ県では、『ハヤート』(12月22日付)、クッルナー・シュラカー(12月21日付)によると、「ユーフラテスの盾」作戦を続行するハワール・キッリス作戦司令室とトルコ軍地上部隊が、トルコ軍の航空支援を受け、ダーイシュ(イスラーム国)の同県における最後の拠点都市バーブ市内での戦闘を続け、市内のヒクマ病院とシャイフ・アキール山を制圧した。

しかし、しかし、アアマーク通信(12月21日付)は、ハワール・キッリス作戦司令室が同地から撤退したと報じた。

戦闘では、ダーイシュが2人の自爆戦闘員(インティハーリー、イラク人とパレスチナ人)が進軍する部隊に対して自爆攻撃を行うなど、トルコ軍、ハワール・キッリス作戦司令室は苦戦し、トルコ軍の発表によると、トルコ軍兵士10人、ハワール・キッリス作戦司令室戦闘員15人が死亡、トルコ軍兵士33人が負傷した。

ダーイシュ側も40人が戦死したという。

一方、SANA(12月21日付)によると、トルコ軍戦闘機が、ダーイシュ(イスラーム国)の支配下にあるバーブ市の住宅街を空爆、少なくとも7人が死亡した。

image007AFP, December 21, 2016、AP, December 21, 2016、ARA News, December 21, 2016、Champress, December 21, 2016、al-Hayat, December 22, 2016、Iraqi News, December 21, 2016、Kull-na Shuraka’, December 21, 2016、al-Mada Press, December 21, 2016、Naharnet, December 21, 2016、NNA, December 21, 2016、Reuters, December 21, 2016、SANA, December 21, 2016、UPI, December 21, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク