16日のダマスカス県マイダーン地区の警察署内で自爆ベルトを着用させられた少女の父親とされる男性が娘に自爆させたと主張する動画を配信(2016年12月21日)

16日にダマスカス県マイダーン地区の警察署内で、女児が着用させられていた自爆ベルトが爆発し、この女児が死亡、警官1人が負傷した事件に関して、自分の娘に自爆を指示したと男性が主張している動画(https://youtu.be/x6LRxl1YkgA)がインターネット上で公開された。

娘に自爆させたという男性は、アブー・ニムルを名乗り、7歳と9歳の自分の娘2人にマイダーン地区での自爆を指示し、実行させたと述べている。

SANA(12月21日付)は、この男性がシャームの民のヌスラ戦線(シャーム・ファトフ戦線)のメンバーだと伝えた。

Youtube, December 21, 2016

Youtube, December 21, 2016

Youtube, December 21, 2016

Youtube, December 21, 2016

AFP, December 21, 2016、AP, December 21, 2016、ARA News, December 21, 2016、Champress, December 21, 2016、al-Hayat, December 22, 2016、Iraqi News, December 21, 2016、Kull-na Shuraka’, December 21, 2016、al-Mada Press, December 21, 2016、Naharnet, December 21, 2016、NNA, December 21, 2016、Reuters, December 21, 2016、SANA, December 21, 2016、UPI, December 21, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク