ロシア軍がシリア領内で侵攻作戦を継続するトルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室を支援するかたちでバーブ市一帯のダーイシュ拠点を初めて爆撃(2016年12月29日)

アレッポ県では、『12月30日付』などによると、トルコ軍と「ユーフラテスの盾」作戦を続行するハワール・キッリス作戦司令室が攻略をめざすバーブ市内のダーイシュ(イスラーム国)の複数拠点に対して、ロシア軍戦闘機が空爆を実施した。

ロシア軍戦闘機が、トルコ軍とハワール・キッリス作戦司令室を空爆支援するのはこれが初めて。

ロシア軍によるバーブ市空爆は、ロシアとトルコの仲介により30日午前0時に発効予定のシリア軍と反体制派の停戦合意を受けた動きだと思われる。

なお、シリア人権監視団によると、ロシア軍は28日にもバーブ市を空爆したという。

AFP, December 29, 2016、AP, December 29, 2016、ARA News, December 29, 2016、Champress, December 29, 2016、al-Hayat, December 29, 2016、Iraqi News, December 29, 2016、Kull-na Shuraka’, December 29, 2016、al-Mada Press, December 29, 2016、Naharnet, December 29, 2016、NNA, December 29, 2016、Reuters, December 29, 2016、SANA, December 29, 2016、UPI, December 29, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク