全土停戦発効を受け、ファトフ軍支配下のイドリブ市などで「自由」、「体制打倒」、反体制派の統合を求めるデモ(2016年12月30日)

イドリブ県では、『ハヤート』(12月31日付)などによると、ファトフ軍の支配下にあるイドリブ市および県内の複数の市・町・村で、「自由」、「体制打倒」、反体制派の統合を求めるデモが発生した。

同様のデモは、ヒムス県タルビーサ市での行われたという。

デモは、ロシアとトルコの仲介により30日0時に発効したシリア政府と反体制武装集団7組織の停戦を受けたもの。

Kull-na Shuraka', December 30, 2016

Kull-na Shuraka’, December 30, 2016

Kull-na Shuraka', December 30, 2016

Kull-na Shuraka’, December 30, 2016

Kull-na Shuraka', December 30, 2016

Kull-na Shuraka’, December 30, 2016

Kull-na Shuraka', December 30, 2016

Kull-na Shuraka’, December 30, 2016

Kull-na Shuraka', December 30, 2016

Kull-na Shuraka’, December 30, 2016

 

AFP, December 30, 2016、AP, December 30, 2016、ARA News, December 30, 2016、Champress, December 30, 2016、al-Hayat, December 31, 2016、Iraqi News, December 30, 2016、Kull-na Shuraka’, December 30, 2016、al-Mada Press, December 30, 2016、Naharnet, December 30, 2016、NNA, December 30, 2016、Reuters, December 30, 2016、SANA, December 30, 2016、UPI, December 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク