ロシア・トルコ仲介によるシリア政府と反体制武装集団7組織の停戦が発効するも、ダマスカス郊外県、ハマー県、アレッポ県でシャーム・ファトフ戦線と共闘する武装集団とシリア軍が交戦(2016年12月30日)

ロシアとトルコの仲介により、30日午前0時にシリア政府と反体制武装集団7組織の停戦合意が発効するなか、シリア国内での戦闘は概ね収束したが、シリア人権監視団によると、ダマスカス郊外県とハマー県でそれぞれ1件の「停戦違反」が発生した。

同監視団によると、ダマスカス郊外県では、アイン・フィージャ町一帯のバラダー渓谷で、シリア軍とシャーム・ファトフ戦線および同戦線と共闘する反体制武装集団が交戦、シリア軍ヘリコプターがシャーム・ファトフ戦線などの拠点で空爆した。

またハマー県では、シリア軍が県北部の16の町・村を空爆した。

同地域の一部、停戦に合意した反体制武装集団の支配地域だという。

一方、停戦合意に署名した反体制武装集団7組織の一つイスラーム軍が声明を出し、ダマスカス郊外県マイダアーニー村一帯、ダマスカス・ヒムス国際幹線道路一帯で、シリア軍の攻撃に対して応戦したと発表した。

このほか、ARA News(12月30日付)によると、アレッポ県では、シャーム・ファトフ戦線と停戦合意に著名した反体制武装集団からなるファトフ軍の支配下にあるアレッポ市南部郊外のハーン・トゥーマーン村、カラースィー村、ハルサ村に対して、シリア軍が砲撃を行った。

ロシア国防省によると、シリア政府との停戦に応じた反体制武装集団は、シャーム軍団、シャーム自由人イスラーム運動、イスラーム軍、シャーム革命家、ムジャーヒディーン軍、イドリブ自由軍、シャーム戦線の7組織で、その兵力は6万2,000人におよぶという。

AFP, December 30, 2016、AP, December 30, 2016、ARA News, December 30, 2016、Champress, December 30, 2016、al-Hayat, December 31, 2016、Iraqi News, December 30, 2016、Kull-na Shuraka’, December 30, 2016、al-Mada Press, December 30, 2016、Naharnet, December 30, 2016、NNA, December 30, 2016、Reuters, December 30, 2016、SANA, December 30, 2016、UPI, December 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク