シリア軍はタドムル市郊外のシャリーフ村をダーイシュから奪還(2016年12月30日)

ヒムス県では、SANA(12月30日付)によると、シリア軍がタドムル市西部郊外のシャリーフ村からダーイシュ(イスラーム国)を掃討し、同地を制圧した。

**

ダルアー県では、SANA(12月30日付)によると、フーシュ・ハマード村一帯に展開するダーイシュ(イスラーム国)とシャーム・ファトフ戦線がハバブ町を砲撃し、1人が死亡、1人が負傷した。

AFP, December 30, 2016、AP, December 30, 2016、ARA News, December 30, 2016、Champress, December 30, 2016、al-Hayat, December 31, 2016、Iraqi News, December 30, 2016、Kull-na Shuraka’, December 30, 2016、al-Mada Press, December 30, 2016、Naharnet, December 30, 2016、NNA, December 30, 2016、Reuters, December 30, 2016、SANA, December 30, 2016、UPI, December 30, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク