ホワイト・ヘルメットなどバラダー渓谷の非軍事7組織はシャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動など反体制武装集団へのシリア軍攻撃停止を求める(2016年12月30日)

ダマスカス郊外県バラダー渓谷で活動する非軍事組織7組織が共同声明を出し、シャーム・ファトフ戦線、シャーム自由人イスラーム運動などからなる反体制武装集団に対するシリア軍、ヒズブッラーなど親政権武装勢力の攻撃激化を非難、「停戦違反」を停止させるために圧力をかけるよう国際社会に呼びかけた。

7組織はまた、停戦が実施されれば、ただちに首都ダマスカスの水源であるアイン・フィージャ町の水利施設復旧のための作業チームを受け入れると付言した。

Kull-na Shuraka', December 31, 2016

Kull-na Shuraka’, December 31, 2016

共同声明を出したのは、バラダー渓谷医療委員会、バラダー渓谷広報委員会、バラダー渓谷救済委員会、バラダー渓谷民間防衛隊(ホワイト・ヘルメット)、バラダー渓谷地元評議会、バラダー慈善機構、バラダー救済機構。

AFP, December 31, 2016、AP, December 31, 2016、ARA News, December 31, 2016、Champress, December 31, 2016、al-Hayat, January 1, 2017、Iraqi News, December 31, 2016、Kull-na Shuraka’, December 31, 2016、al-Mada Press, December 31, 2016、Naharnet, December 31, 2016、NNA, December 31, 2016、Reuters, December 31, 2016、SANA, December 31, 2016、UPI, December 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク