シリア政府との停戦交渉に参加していた反体制武装集団の報道官は「バラダー渓谷でのシリア軍の攻撃が停止しなければ停戦遵守は免除される」と最後通告(2016年12月31日)

トルコの首都アンカラに滞在する反体制武装集団交渉団の報道官を務めるウサーマ・アブー・ザイド氏はツイッターを通じて、「バラダー渓谷での攻撃がシリア時間の午前8時までに停止されなければ、ロシア側が停戦の履行に失敗したものとし、反体制派は停戦遵守を免除される」と発表、「すべての反体制派は軍事的装備を動員し、作戦に参加することで、バラダー渓谷救済のために可能なすべてを実行」するよう呼びかけた。

Kull-na Shuraka', December 31, 2016

Kull-na Shuraka’, December 31, 2016

**

東グータ総合委員会が声明を出し、東グータ地方とバラダー渓谷に対するシリア軍側の攻撃が続く限り、ロシア・トルコ仲介によるシリア政府との停戦に応じないと宣言した。

Kull-na Shuraka', December 31, 2016

Kull-na Shuraka’, December 31, 2016


AFP, December 31, 2016、AP, December 31, 2016、ARA News, December 31, 2016、Champress, December 31, 2016、al-Hayat, January 1, 2017、Iraqi News, December 31, 2016、Kull-na Shuraka’, December 31, 2016、al-Mada Press, December 31, 2016、Naharnet, December 31, 2016、NNA, December 31, 2016、Reuters, December 31, 2016、SANA, December 31, 2016、UPI, December 31, 2016などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク