ダマスカス郊外県西部の5カ村の戦闘員ら約200人が投降、同地一帯がシリア政府の支配下に復帰(2017年1月5日)

ダマスカス郊外県では、SANA(1月5日付)によると、県西部のバイト・サーイル村、バイト・ティーマー町、(西)サアサア町、ハサヌー村、カフルフール村の反体制武装集団戦闘員および兵役忌避者約200人が武器を放棄し、関係当局に投降し、同地一帯がシリア政府の支配下に復帰した。

SANA, January 5, 2017

SANA, January 5, 2017

SANA, January 5, 2017

SANA, January 5, 2017

 

AFP, January 5, 2017、AP, January 5, 2017、ARA News, January 5, 2017、Champress, January 5, 2017、al-Hayat, January 6, 2017、Iraqi News, January 5, 2017、Kull-na Shuraka’, January 5, 2017、al-Mada Press, January 5, 2017、Naharnet, January 5, 2017、NNA, January 5, 2017、Reuters, January 5, 2017、SANA, January 5, 2017、UPI, January 5, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き パーマリンク