戦闘での負傷が理由で死亡した負傷兵を戦没者とみなし補償することを定めた2017年法律第1号施行(2017年1月5日)

アサド大統領は2017年法律第1号(2016年12月27日に人民議会において法案可決)を施行、戦闘での負傷が理由で死亡した負傷兵を戦没者とみなし、補償することを定めた。

アサド大統領はまた、これと併せて2017年法律第3号(2016年12月27日に人民議会において法案可決)を施行、戦傷者に対する補償に関する兵役法(2007年立法例第48号および第49号)を修正した。

SANA(1月5日付)が伝えた。


AFP, January 5, 2017、AP, January 5, 2017、ARA News, January 5, 2017、Champress, January 5, 2017、al-Hayat, January 6, 2017、Iraqi News, January 5, 2017、Kull-na Shuraka’, January 5, 2017、al-Mada Press, January 5, 2017、Naharnet, January 5, 2017、NNA, January 5, 2017、Reuters, January 5, 2017、SANA, January 5, 2017、UPI, January 5, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き パーマリンク