トルコのエルドーアン大統領「一部の有能なシリア・イラク難民に国籍を付与する」(2017年1月7日)

トルコのレジェップ・タイイプ・エルドーアン大統領は、テレビ演説でシリアおよびイラクからの難民の処遇について触れ、一部の「有能な人々」を受け入れるための準備を進めていると述べた。

エルドーアン大統領は「内務省は現在、(難民受け入れに向けた)作業を実施しており、この作業の一環として、一部のシリア人・イラク人に対して、必要な調査の後に国籍を付与することになろう…。技師、弁護士、医師など高い能力を持った人々に違法労働させるより、活用すべきだと我々は主唱している。この国の市民として働く機会を我々は与えたい」と述べた。

AFP(1月7日付)が伝えた。

AFP, January 7, 2017、AP, January 7, 2017、ARA News, January 7, 2017、Champress, January 7, 2017、al-Hayat, January 8, 2017、Iraqi News, January 7, 2017、Kull-na Shuraka’, January 7, 2017、al-Mada Press, January 7, 2017、Naharnet, January 7, 2017、NNA, January 7, 2017、Reuters, January 7, 2017、SANA, January 7, 2017、UPI, January 7, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク