化学兵器使用に関与したとされるシリア軍・治安機関高官への制裁を定めて国連安保理決議案はロシア、中国の拒否権発動で廃案に(2017年2月28日)

国連安保理では、米国、英国、フランスが共同提案した決議案の採決が行われ、ロシア、中国、ブルガリアが反対、カザフスタン、エチオピア、エジプトが棄権し、ロシア、中国の拒否権発動により廃案となった。

決議案は、化学兵器使用に関与したとされるシリア軍・治安機関の高官への制裁を定めていた。

日本は、米国、英国、フランス、スウェーデン、イタリア、セネガル、ウクライナ、ウルグアイとともに賛成票を投じた。

SANA, February 28, 2017

AFP, February 28, 2017、AP, February 28, 2017、ARA News, February 28, 2017、Champress, February 28, 2017、al-Hayat, March 1, 2017、Iraqi News, February 28, 2017、Kull-na Shuraka’, February 28, 2017、al-Mada Press, February 28, 2017、Naharnet, February 28, 2017、NNA, February 28, 2017、Reuters, February 28, 2017、SANA, February 28, 2017、UPI, February 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク