ロシア外務次官「ジュネーブ4会議は「テロとの戦い」を最優先課題として和平協議を行うべき」(2017年2月28日)

26日にスイスのジュネーブ入りしたロシアのゲンナージー・ガティロフ外務次官は、バッシャール・ジャアファリー国連シリア代表を団長とするシリア政府代表団と会談した。

会談後、ガティロフ外務次官は記者団に対し、ジュネーブ4会議においては「テロとの戦い」を最優先課題として和平協議を行うべきだと述べた。

『ハヤート』(3月1日付)が伝えた。

**

スタファン・デミストゥラ・シリア問題担当国連特別代表は、スイスに滞在中のバッシャール・ジャアファリー国連シリア代表を団長とするシリア政府代表団と会談し、ジュネーブ4会議の議事進行の方法などについて意見を交わした。

SANA(2月28日付)が伝えた。

AFP, February 28, 2017、AP, February 28, 2017、ARA News, February 28, 2017、Champress, February 28, 2017、al-Hayat, March 1, 2017、Iraqi News, February 28, 2017、Kull-na Shuraka’, February 28, 2017、al-Mada Press, February 28, 2017、Naharnet, February 28, 2017、NNA, February 28, 2017、Reuters, February 28, 2017、SANA, February 28, 2017、UPI, February 28, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 諸外国の動き パーマリンク