イスラエル軍は声明でシリア軍による戦闘機撃墜を否定、弾頭ミサイル防衛システムでシリア軍が発射したミサイルを撃破したと発表(2017年3月17日)

イスラエル軍は声明を出し、シリア軍がヒムス県に領空侵犯したイスラエル軍戦闘機4機のうち1機を撃墜したとのシリア側の主張を否定し、シリア軍がイスラエル軍戦闘機に対して地対空ミサイル複数発を発射したが、イスラエル軍はこれを弾道ミサイル防衛システム「アロー2」で、ミサイル1基を破壊したと発表した。

イスラエルの国営ラジオによると、シリア軍が発射した地対空ミサイルは旧ソ連製のSA5地対空ミサイルで、アロー2はこれをヨルダン領空(エルサレム北方)で撃墜したという。

AFP, March 17, 2017、AP, March 17, 2017、ARA News, March 17, 2017、Champress, March 17, 2017、al-Hayat, March 18, 2017、Iraqi News, March 17, 2017、Kull-na Shuraka’, March 17, 2017、al-Mada Press, March 17, 2017、Naharnet, March 17, 2017、NNA, March 17, 2017、Reuters, March 17, 2017、SANA, March 17, 2017、UPI, March 17, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.


カテゴリー: シリア政府の動き, 諸外国の動き パーマリンク