アレッポ市東部サラーフッディーン地区でアブー・アマーラ特殊任務中隊が爆弾テロを敢行、30人以上が死傷(2017年4月19日)

アレッポ県では、クッルナー・シュラカー(4月19日付)によると、アレッポ市東部サラーフッディーン地区にある国防隊拠点で爆弾が爆発し、6人が死亡、25人以上が負傷した(シリア人権監視団によると、32人が死傷)。

これに関して、アブー・アマーラ特殊任務中隊はテレグラムを通じて声明を出し、「シャッビーハ」を狙ったと発表、犯行を認めた。

**

ダルアー県では、クッルナー・シュラカー(4月19日付)によると、シャーム解放委員会などからなる「ブンヤーン・マルスース」作戦司令室がダルアー市サジュナ地区に進攻し、シリア軍と交戦した。

これに対して、ロシア・シリア軍はダルアー市各所を「樽爆弾」などで空爆した。

Kull-na Shuraka’, April 19, 2017

また、シリア人権監視団によると、シャーム解放委員会などからなる反体制武装集団が進攻を続けるダルアー市中心街に対して、地対地ミサイルと思われる砲弾で砲撃する一方、「樽爆弾」で激しい空爆を行った。

一方、SANA(4月19日付)によると、ダルアー市サジュナ地区、サハーリー地区にシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団が撃った迫撃砲弾が着弾し、2人が負傷した。

**

イドリブ県では、シリア人権監視団によると、ジスル・シュグール市とラタキア市を結ぶ街道でトルキスタン人戦闘員2人が何者かによって殺害された。

**

ハマー県では、SANA(4月19日付)によると、シリア軍が県北部にあるザーラ火力発電所一帯でシャーム解放委員会などからなる反体制武装集団と交戦した。

AFP, April 19, 2017、AP, April 19, 2017、ARA News, April 19, 2017、Champress, April 19, 2017、al-Hayat, April 20, 2017、Iraqi News, April 19, 2017、Kull-na Shuraka’, April 19, 2017、al-Mada Press, April 19, 2017、Naharnet, April 19, 2017、NNA, April 19, 2017、Reuters, April 19, 2017、SANA, April 19, 2017、UPI, April 19, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク