レバノン軍は東部国境地帯でダーイシュ掃討作戦を続行(2017年8月23日)

ベカーア県バアルベック郡ラアス・バアルベック村無人地帯、カーア村無人地帯でダーイシュ(イスラーム国)掃討を目的とする「ジャッルード(無人地帯)の暁の戦い」作戦を継続するレバノン軍は、ダーイシュから解放した国境地帯に部隊を展開させ、作戦の第4段階への準備を進めた。

ナハールネット(8月23日付)などが伝えた。

AFP, August 23, 2017、AP, August 23, 2017、ARA News, August 23, 2017、Champress, August 23, 2017、al-Hayat, August 23, 2017、Kull-na Shuraka’, August 23, 2017、al-Mada Press, August 23, 2017、Naharnet, August 23, 2017、NNA, August 23, 2017、Reuters, August 23, 2017、SANA, August 23, 2017、UPI, August 23, 2017などをもとに作成。

カテゴリー: レバノンの動き パーマリンク