イドリブ県の自治を担うことを目的とした「救国内閣」が発足(2017年11月2日)

救国内閣樹立委員会議長のムハンマド・シャイフ氏は、イドリブ県バーブ・ハワー国境通行所でシリア北部一帯での自治を担う「救国内閣」の樹立を宣言し、閣僚11人を氏名を公開した。

閣僚11人はいずれも、救国内閣樹立委員会の3分の2以上の了承を得て就任したという。

11人の閣僚は以下の通り:

ムハンマド・シャイフ(博士):首班
アフマド・ヌーリー・ムハンマド・ディーブ(准将):内務大臣
イブラーヒーム・ムハンマド・シャーシュー(博士):法務大臣
アナス・ムハンマド・バシール・ムーサー:宗教関係大臣
ジュムア・ウマル(博士):高等教育大臣
ムハンマド・マジャール・シャッフード:教育大臣
ファーイズ・アフマド・ハリーフ:農業大臣
アブドゥッサラーム・ハルフ:経済大臣
ムハンマド・アリー・アーミル:社会問題避難民大臣
ヤースィル・ガッサーン・ナッジャール:住宅建設大臣
ファーディル・ターリブ:地方自治大臣
アフマド・ジャラク(博士):保健大臣

al-Durar al-Shamiya, November 2, 2017

救国内閣樹立評議会は、イドリブ県の自治を担う民政局を設置する動きがにわかに高まる仲で、イドリブ県で活動する学者、活動家らによって2017年8月に結成された。

AFP, November 2, 2017、ANHA, November 2, 2017、AP, November 2, 2017、ARA News, November 2, 2017、Champress, November 2, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 2, 2017、al-Hayat, November 3, 2017、al-Mada Press, November 2, 2017、Naharnet, November 2, 2017、NNA, November 2, 2017、Reuters, November 2, 2017、SANA, November 2, 2017、UPI, November 2, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク