イスラエルのカッツ諜報大臣「ヒズブッラーへの武器密輸は我々にとってレッド・ライン」(2017年11月2日)

イスラエルのイスラエル・カッツ諜報大臣は、1日のイスラエル空軍によるヒムス県ハスヤー町に対する爆撃に関して、軍ラジオ局を通じて「シリアにおけるイスラエル軍の爆撃にかかる決定について立ち入った話をすることはできない。だが、イスラエルの姿勢はいかなる場合にも明白だ。それはヒズブッラーへの武器密輸が我々にとってレッド・ラインだということだ」と述べた。

ドゥラル・シャーミーヤ(11月2日付)が伝えた。

AFP, November 2, 2017、ANHA, November 2, 2017、AP, November 2, 2017、ARA News, November 2, 2017、Champress, November 2, 2017、al-Durar al-Shamiya, November 2, 2017、al-Hayat, November 3, 2017、al-Mada Press, November 2, 2017、Naharnet, November 2, 2017、NNA, November 2, 2017、Reuters, November 2, 2017、SANA, November 2, 2017、UPI, November 2, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク