米政府高官はイスラエルに、イランの影響力拡大阻止のためシリアに軍を残留させる意志を伝える(2017年12月30日)

イスラエルのチャンネル10(12月30日付)は、米ドナルド・トランプ政権内の匿名高官の話として、米国がイスラエルに対し、シリアにおけるイランの影響力拡大を阻止するために、米軍をシリアに駐留させる決意を示したと伝えた。

同高官によると「シリアにおけるイランの影響力拡大にどう対抗するかという問題は、ホワイト・ハウスで行われた米・イスラエル両国政府間の最近の交渉において、イスラエルにとって、もっともセンスィティブな問題となった」という。

al-Durar al-Shamiya, December 30, 2017

AFP, December 30, 2017、ANHA, December 30, 2017、AP, December 30, 2017、Channel 10, December 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 30, 2017、al-Hayat, December 31, 2017、Reuters, December 30, 2017、SANA, December 30, 2017、UPI, December 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク