トルコのエルドアン大統領「シリア国境地帯からPYDを浄化する」「ロシアやイランと同じように、米国と協力したい」(2017年12月30日)

トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領は、与党公正発展党(AKP)の大会で演説し、国境地帯から西クルディスタン移行期民政局を主導する民主統一党(PYD)を「浄化」するとの決意を表明する一方、「ロシアやイランと同じように、米国と協力したい」と述べた。

エルドアン大統領は「(ドナルド・トランプ米大統領が)この組織(PYD)への武器供与を行わないと私に個人的に約束して以降、装甲車輌などを積んだ貨物車輌4,000台以上が(西クルディスタン移行期民政局支配地域に)入った…。米国はこうした武器がトルコ国境地帯に配備されるだけでは満足せず、クルド人戦闘員を支援する来年の予算を経常した…。この国(米国)が我々とともに行動したくないならどうする…? 我々はこのテロ組織(PYD)をいずれにせよ追い詰め、しかもそれが遠い先の話ではないことをみなは受け容れるべきだ…。米国が我々と協力すれば、我々は幸せだ」と述べた。

また「我々がアフリーン市とマンビジュ市からテロリストを浄化したとき、両市住民は真に帰宅できるだろう。そのうえで、我々は、タッル・アブヤド市からラアス・アイン市にいたるすべての国境地帯に安定をもたらす。なぜなら、この地域は我々にとって脅威をもたらしているからだ」と述べた。

『ハヤート』(12月31日付)が伝えた。

AFP, December 30, 2017、ANHA, December 30, 2017、AP, December 30, 2017、al-Durar al-Shamiya, December 30, 2017、al-Hayat, December 31, 2017、Reuters, December 30, 2017、SANA, December 30, 2017、UPI, December 30, 2017などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 諸外国の動き パーマリンク