シャーム自由人イスラーム運動、アフラール軍はハマー県北部とイドリブ県南部で反転攻勢を開始したと発表(2018年1月11日)

アル=カーイダ系組織のシャーム自由人イスラーム運動は、ハサン・スーファーニー総司令官がツイッターのアカウントを通じて「犯罪者体制に対する革命諸派の戦いが始まった」と発表した。

ウマル・ハッターブ報道官も「シャーム自由人イスラーム運動はハマー県のアトシャーン村にあるアサド軍の拠点に対して二方向から反撃を行った」と発表した。

al-Durar al-Shamiya, January 11, 2017

**

 

アフラール軍も、イドリブ県南部のフワイン村の奪還に向けた解放作戦を開始したと発表した。

『ハヤート』(1月12日付)によると、シャーム自由人イスラーム運動、アフラール軍による反転攻勢は、ヌールッディーン・ザンキー運動とともに開始されたという。

AFP, January 11, 2018、ANHA, January 11, 2018、AP, January 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 11, 2018、al-Hayat, January 12, 2018、Reuters, January 11, 2018、SANA, January 11, 2018、UPI, January 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク