北部旅団はジャラーブルス市で爆弾を仕掛けようとしていたYPG主体のシリア民主軍工作員を逮捕(2018年1月11日)

アレッポ県北部で活動する北部旅団(自由シリア軍)はビデオ声明(https://youtu.be/46G93t3eo4Q)を出し、ジャラーブルス市で爆弾を敷設しようとしていた西クルディスタン移行期民政局(ロジャヴァ)人民防衛隊(YPG)主体のシリア民主軍の工作員を逮捕したと発表、拘束した工作員の後ろ姿や爆発物を公開した。

al-Durar al-Shamiya, January 11, 2017

AFP, January 11, 2018、ANHA, January 11, 2018、AP, January 11, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 11, 2018、al-Hayat, January 12, 2018、Reuters, January 11, 2018、SANA, January 11, 2018、UPI, January 11, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き パーマリンク