シリア政府はアレッポ市シャイフ・マクスード地区のYPGがアフリーン市に転戦するのを許可し、回廊を開放(2018年1月21日)

アナトリア通信(1月21日付)は、アレッポ市の複数の消息筋の話として、シリア政府が、西クルディスタン移行期民政局の支配下にある同市のシャイフ・マクスード地区の防衛にあたっている人民防衛隊に、トルコ軍が越境爆撃・砲撃を続けるアレッポ県北西部アフリーン市への転戦を認め、アレッポ市とアフリーン市を結ぶ街道を開放したと伝えた。

これを受け、戦闘員や武器弾薬を積んだ人民防衛隊の車輌複数輌が、シリア政府支配地域を通ってアフリーン市方面に向かった。

ANHA, January 21, 2018

AFP, January 21, 2018、Anadolu Ajansı, January 21, 2018、ANHA, January 21, 2018、AP, January 21, 2018、al-Durar al-Shamiya, January 21, 2018、al-Hayat, January 22, 2018、Reuters, January 21, 2018、SANA, January 21, 2018、UPI, January 21, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: その他 パーマリンク