シリア解放戦線と対立を続けるシャーム解放委員会はハマー県とイドリブ県の拠点での戦闘を回避するためイッザ軍に移譲、イドリブ県アティマ村がシャーム軍団と中立化に合意(2018年2月28日)

イドリブ県、アレッポ県でシリア解放戦線(シャーム自由人イスラーム運動)と対立を続けているシャーム解放委員会は、ハマー県のムーリク市とイドリブ県ハーン・シャイフーン市を、共闘する「穏健な反体制派」の一つのイッザ軍に移譲した。

シャーム解放委員会に近いイバー通信(2月28日付)によると、この移譲は、同地を中立化し、住民を戦闘に巻き込まないため。

**

イドリブ県では、トルコ国境に位置するアティマ村の住民代表評議会が声明を出し、住民がシャーム軍団と同地を中立化することで合意したと発表した。

中立化宣言は、イドリブ県、アレッポ県でのシャーム解放委員会とシリア解放戦線の対立下北を受けた動き。

al-Durar al-Shamiya, February 28, 2018

AFP, February 28, 2018、ANHA, February 28, 2018、AP, February 28, 2018、al-Durar al-Shamiya, February 28, 2018、al-Hayat, March 1, 2018、Reuters, February 28, 2018、SANA, February 28, 2018、UPI, February 28, 2018、Wikalat al-Iba’ al-Ikhbariya, February 28, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: 反体制勢力の動き, 国内の暴力 パーマリンク