アサド政権は東グータ地方で反体制派と戦ってきたパレスチナ人複数人を処刑、パレスチナ解放軍はこれに反発50人が離反(2018年3月12日)

フェイスブックのアカウント「パレスチナ・キャンプ・ネットワーク」(https://www.facebook.com/palsyr.2011/)は、アサド政権がダマスカス郊外県東グータ地方での戦闘への参加を拒否したパレスチナ人戦闘員複数人を処刑、またこれを受け、シリア軍とともに戦闘に参加していたパレスチナ解放軍の戦闘員50人が離反したと発表した。

なお同アカウントによると、東グータ地方での戦闘では、パレスチナ人戦闘員250人以上が戦死しているという。

al-Durar al-Shamiya, March 12, 2018

AFP, March 12, 2018、ANHA, March 12, 2018、AP, March 12, 2018、al-Durar al-Shamiya, March 12, 2018、al-Hayat, March 13, 2018、Reuters, March 12, 2018、SANA, March 12, 2018、UPI, March 12, 2018などをもとに作成。

(C)青山弘之 All rights reserved.

カテゴリー: シリア政府の動き, 国内の暴力, 諸外国の動き パーマリンク